fc2ブログ

Entries

4月の活動報告

4月の26日に設置した巣箱の管理および現場入り口に看板を立てる作業をしました.
先月の設置では屋根葺き間で手が回らなかったので今回この作業をしました.
巣箱にトタン屋根設置P1080628
スポンサーサイト



4月の活動

寒い春が続いていますね.
ミツバチの姿もとんと見かけません.
蜂群崩壊症候群(ほうぐんほうかいしょうこうぐん、Colony Collapse Disorder、CCD)という,
原因不明の蜂群の崩壊が世界中で報告されていると聞きます.
日本の 養蜂家の間でもこの現象が報告されています.
在来種であるニホンミツバチにはそのようなことが起こらないことを祈ります.

さて,4月に入りました.
そろそろ蜂も動き出すのではないでしょうか.
4月26日に初めての管理を行う予定です.

風や猪による巣箱の異常は無いか,またまだ雨除けの屋根をつけていないのでその設置も行いたいと思います.

当サイトをご覧になっている方はそれ程多くはないと思いますが、もし活動をのぞいてみたいとか, 参加ご希望の方がいらっしゃいましたら連絡をいただければご案内差し上げます.
コメントに連絡先を入れていただければ幸いです.

備中沢に巣箱を設置しました.

ニホンミツバチ巣箱出陣
2014年3月22日晴天.
今日はいよいよ巣箱の設置をします.
冬の間に作りためた重箱式5段の「待ち箱」といわれるニホンミツバチのトラップ兼飼育箱です.
8セットを軽トラの荷台に積み込んでいざ出発.
ニホンミツバチ巣箱設置準備
約10名の会員の方々とセッティングの準備に取り掛かります.
ニホンミツバチ巣箱設置中
北向きの夏の直射日光があまり当たらない場所を選んで位置決めをします.
ガンバ老
会員の方はお歳の方も多いのですが,皆新たなチャレンジに骨を 折ってくれています.
備中沢養鶏場跡地からのロケーション
備中沢養鶏場跡地からの展望
新緑の季節になるとこの高台から望む風景はすばらしく美しいです.
皆さんもぜひ一度,ここ備中沢養蜂場へお越しください.

まだブログの扱いが不慣れなので写真の挿入や,レイアウトが思い通りにいきません.
追々進化していくかと思いますので,今しばらくはこんな感じでご容赦ください.

那珂川町ニホンミツバチ愛好会発足

繝九・繝ウ繝溘ヤ繝舌メ蛻晁ェ・014・・3・・6P1080258-crop_convert_20140331053609

2014年3月22日.
かねてより計画が進んでいたニホンミツバチの愛好会が発足しました.
ホームグラウンドは,栃木県の那珂川町,和見地区にある備中沢という自然豊かな沢を見下ろす高台になります.
栃木県はこの備中沢に県営の管理型最終処分場を建設する計画を進めています.

県が指定した八溝県立自然公園内にあり,両岸を切り立った崖に囲まれているこの備中沢には,多くの貴重な自然が残っています.

生活用資源の供給地としての里山の役を解かれてからは,ゆっくりと元の自然への道を歩んでいたのだと思います.
この状況を「荒れた山」と評価し「ゴミ捨て場にでも使ってけろ」と県に働きかけた人がいたとかいなかったとか.

人間様の都合に翻弄され,ついには「最終処分場」という取り返しのつかない破壊をなぜ受け入れなくてはならないのだろう.ゴミ捨て場以外に備中沢と私達は接点を持ち得ないのだろうか.
そんなことを考えていく中から,在来種のニホンミツバチの飼育というアイデアが生まれてきました.

私たちが用意したニホンミツバチ用の巣箱にハチが入り,広い備中沢を自由に飛び回り,蜜や花粉を集めながら,たくさんの植物の受粉をつかさどってくれることを.
また生物の多様性の一員として,より豊かな備中沢の自然をはぐくむことの役に立ってくれること願って.
私たちの活動はスタートします.
*CommentList

ご案内

プロフィール

banbiyan

Author:banbiyan
自然からはいつも元気をいただいています.
いつかお返しをしたくてがんばっています.

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ